令和2年度 みさと健和病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 18 61 91 252 348 550 1281 1015 242
(注:患者数10名未満は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

当院の令和2年4月から令和3年3月までの退院患者年齢層を10歳刻みで表にしています。
傾向として、年齢区分では70歳代が最多(1281名:33.1%)で、60歳以上となると全体の79.9%を占めており、高齢化時代を特徴づけています。
高齢者のみならず、50歳代以下の患者さんも積極的に受け入れており、幅広い世代に医療を提供しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 大腸ポリープ★ 236 2.19 2.66 0.00 68.69
110310xx99xxxx 尿路感染症 95 22.37 13.00 3.16 80.48
040081xx99x0xx 誤嚥(ごえん)性肺炎☆ 88 31.01 20.51 5.68 82.91
050130xx9900xx 心不全 67 19.82 17.23 1.49 78.46
060340xx03x00x 胆管結石・胆管炎 45 14.84 9.53 2.22 76.33
内科においては、高齢者の受け入れが多く、高齢者が罹患しやすい尿路感染症・誤嚥性肺炎・慢性心不全の症例が多くなっております。平均年齢も高く、重症化する患者さんもいるため、平均在院日数は全国平均よりも長めとなっております。第1位の症例は大腸ポリープです。

★大腸ポリープ:大腸の粘膜の一部がイボ状に盛り上がり、大腸の空間部分(内腔)に突出したもの。最も多いのは「大腸腺腫(せんしゅ)」と呼ばれるものです。 大腸ポリープは良性の病気ですが、大腸がんの中には腺腫の状態を経てがん化したものもあります。このため、腺腫の場合は、早期治療が重要です。

☆誤嚥性肺炎:誤嚥(ごえん・・・食べ物や唾液など飲み込んだ時に誤って気道内に入ってしまうこと)から発症する肺炎のこと。飲み込む機能が低下している(嚥下機能障害)ことが発症につながります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径(そけい)ヘルニア★ 69 5.49 4.86 0.00 70.29
060100xx01xxxx 大腸ポリープ 57 2.05 2.66 0.00 72.74
060335xx02000x 胆のう炎 等 30 9.93 7.23 0.00 69.87
060035xx010x0x 結腸がん☆ 28 18.54 16.19 0.00 70.18
110280xx02x00x 慢性腎不全 28 5.00 8.15 0.00 69.57
外科については、鼠径ヘルニア根治術、大腸ポリープ切除の症例が多くなっており、次いで胆のう炎等(胆のう炎や胆石症など)や結腸癌の手術症例となっています。胆のう炎や結腸癌は腹腔鏡下手術(開腹手術よりも侵襲(しんしゅう:手術による体への負担)が少ない)実施が多くなっております。
慢性腎不全で人工透析が必要な患者さんに対して腕に透析用のシャントを造設する手術も多く対応しています(第5位)。
クリニカルパス(※)を作成・活用することにより、平均在院日数はほぼ全国平均並みとなっております。

(※)クリニカルパスとは、検査や治療の予定を時系列に示した治療計画書です。これは医療を提供する医師、看護師をはじめ、様々な職種のスタッフで作成したものです。患者さんにお渡しするものは図や表を使用し、できるだけわかりやすいものにしています。
 患者さんは、パスを見れば、いつ検査や治療が行われ、いつ頃退院できるのか、ということもわかるので、不安の少ない入院生活を送ることができます。また、医療スタッフにいろいろ治療について質問しやすくなります。
 医療スタッフにとっても、パスに沿って患者さんに対する治療行為や説明が明確となるためチームとしての医療を確実に安全に提供することができるようになります。

★鼠径(そけい…太ももとお腹の境目のこと)へルニア(「脱腸」とも呼ばれます):本来お腹の中に存在するべき臓器が足の付け根に飛び出してしまい、鼠径部のふくらみとして認識される病気です。飛び出した状態が元に戻らない場合(「嵌頓(かんとん)状態」)は緊急処置が必要となる場合があります。
☆結腸がん:大腸は、盲腸-上行結腸-横行結腸-下行結腸-S状結腸-直腸(そして肛門へ)と区分されており、結腸がんは直腸を除いた部分です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 78 53.32 25.09 5.13 85.08
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 47 51.45 21.71 10.64 80.02
160760xx97xx0x 前腕の骨折 32 7.22 5.18 0.00 60.66
070230xx01xxxx 変形性膝関節症 15 48.80 23.36 0.00 74.60
160980xx99x0xx 骨盤損傷 14 50.07 19.06 7.14 82.43
整形外科については、高齢者の転倒による骨折や加齢に伴う変形等に伴う疾患が多くなっております。
当院では回復期リハビリテーション病棟を設置しており、術後の患者さんなど、急性期の治療後に当該病棟に移ってリハビリ治療に積極的に取り組むことのできる医療体制が整っています。そのため、平均在院日数は全国平均よりも長くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障(片眼) 42 2.52 2.76 0.00 73.98
020110xx97xxx1 白内障(両眼 1週間以内) 16 2.94 4.95 0.00 78.06
眼科については、白内障の症例のみとなっております。
第1位と第2位の違いについて:第2位の症例については約1週間の期間を開けて2回入院し、両眼の手術を短期で実施している症例です。

平均在院日数の差異について
第2位の症例につきましては、1回の入院で両眼の手術を実施しておりませんので、自院の平均在院日数は「2回目」のものです。
全国の平均在院日数は1回の入院で両眼の手術をした場合です。よって差が出ます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx04xxxx 腎・尿管結石症 39 1.97 2.66 0.00 52.97
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 29 6.83 7.13 0.00 72.17
110080xx991xxx 前立腺がん 29 3.03 2.54 0.00 73.62
110420xx02xx0x 水腎症等 24 6.21 4.13 0.00 75.75
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 - - 5.67 - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

泌尿器科については、腎・尿管結石(衝撃波による破砕治療(ESWL:下記参照)、衝撃波では破砕できなかった場合の経尿道的手術)、膀胱ファイバースコープによる経尿道的膀胱がん切除術、前立腺がん診断のための検査(針生検)、の症例が多くなっています。

【体外衝撃波結石破砕術】(ESWL:extracorporeal shock wave lithotripsy)
尿路結石に対してメスを入れることなく、体の外から衝撃波をあてて結石を粉々に砕き、体の外に流しだす治療法です。多少身体に負担はありますが、良好な治療効果が期待できます。また、衝撃波の照準を結石に合わせるために、放射線もしくは超音波を用いています。 1回の治療で結石がなくなる場合もあれば、数回必要となる場合もあります。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 26 7.73 6.10 0.00 47.35
12002xxx02x0xx 子宮頸がん 20 3.00 3.11 0.00 39.35
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 16 6.88 6.16 0.00 51.06
12002xxx97x0xx 子宮頸部高度異形成・上皮内がん - - 9.19 - -
120100xx01xxxx 子宮内膜症 - - 7.30 - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

婦人科については、ほとんどが手術を実施している症例であり、開腹手術よりも侵襲(しんしゅう:手術による体への負担)が少ない腹腔鏡下手術を実施している症例が多くなっています。
子宮の良性腫瘍はほとんどが子宮筋腫、卵巣の良性腫瘍は、卵巣のう腫や奇形腫となっています。
第2位の子宮頸がんについては、がんの診断のための組織採取手術(LEEP)です。

基本的に悪性疾患の治療が必要な患者さんは他院(大学病院等)に紹介しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 - 22 - 10 13 1 7,8
大腸癌 15 - 35 18 15 17 1 7,8
乳癌 14 13 - - - - 1 7,8
肺癌 - - - - 11 - 1 7,8
肝癌 - - - - - - 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

当院では、がん治療に関して、手術療法や化学療法に加え、緩和治療を実施(緩和ケア病棟・緩和ケア外来)しておりますので、StageⅠの早期からStageⅣの末期や再発患者さんまで、さまざまな病期の患者さんの受け入れ体制が整っています。
手術は診療ガイドラインに則り、手術侵襲の少ない鏡視下手術も含め、標準的治療を実施しています。胃がんや大腸がんに関しては、早期がんに対する内視鏡的切除を積極的に実施しております。
乳がんに関しては、比較的早期の患者さんが多くなっています。手術の場合は症例により、術中迅速診断(センチネルリンパ節生検)を実施しています。
肝がんに関しては、切除術のほか、肝動脈塞栓術(TAE)・肝動脈化学塞栓術(TACE)・肝動脈化学動注療法(TAI)も実施しています。
肺がんに関しては、外科的手術が必要な場合は他院へ紹介しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 50 24.12 79.92
重症 28 28.29 81.00
超重症 13 17.38 78.23
不明 - - -
20歳以上の肺炎で入院された患者さんを重症度別に見たものです。
肺炎の重症度は 年齢 脱水の有無 意識障害の有無 収縮期血圧 などの状態によって決まります。

高齢の方ほど重症になりやすい傾向にあります。
当院では、中等症の症例が多くなっています。

注)市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人(医療施設などの医療環境と接触する機会が限られている、あるいはまったくない人)に発症する肺炎です。原因となる病原微生物の多くは細菌で、肺炎球菌などがあります。また、マイコプラズマ、レジオネラなどの病原微生物が原因となる非定型肺炎もあります。さらに、インフルエンザを含めたウイルス性肺炎もあります。
注2)この統計にはCOVID-19(新型コロナウイルス)による肺炎患者は含まれておりません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 53 58.15 79.81 5.97
その他 14 46.14 79.36 0.00
当院では、急性期の保存的治療・リハビリテーションのみならず、回復期リハビリテーション病棟を設置していますので、急性期の治療後に在宅復帰を目指す回復期の患者さんへさまざまなリハビリテーションを実施することが可能です。
手術が必要な患者さんは近隣の病院へ紹介しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 225 0.16 1.17 0.00 68.88
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 50 1.48 17.20 4.00 76.92
K654 内視鏡的消化管止血術 24 0.71 13.88 0.00 73.21
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 23 0.83 1.70 0.00 68.70
K6531 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜) 19 2.58 7.89 0.00 70.68
内科では、大腸ポリープ切除(K7211,K7212)、胆道系疾患(胆管結石・胆管炎など)に対する手術(K688)、出血性胃潰瘍などの内視鏡による止血術(K654)が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 59 0.03 1.03 0.00 72.69
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 1.26 6.79 0.00 67.17
K6335 鼠径ヘルニア手術 45 1.42 2.96 0.00 70.76
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 27 1.26 7.04 0.00 71.63
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 26 1.35 3.23 0.00 67.96
外科では、大腸ポリープ切除術(K7211)、手術侵襲の少ない腹腔鏡下胆のう摘出手術(K672-2)や鼠径ヘルニア根治術(K6335(開腹),K634(腹腔鏡))が数多く実施されています。
抗がん剤治療を受ける方も多く、抗がん剤を注入するための皮下埋込型のカテーテルの設置手術(K6113)も増えています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 71 2.92 43.99 2.82 81.17
K0462 骨折観血的手術(前腕) 48 2.25 20.00 0.00 67.67
K0811 人工骨頭挿入術(股) 33 6.21 53.00 6.06 81.39
K0821 人工関節置換術(膝) 30 2.87 40.87 0.00 70.60
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 11 0.82 4.18 0.00 52.64
整形外科では、転倒などによる高齢者の骨折の患者さんを多く受け入れており、それに伴う手術が多くなっています。
回復期リハビリテーション病棟を設置しておりますので、術後の患者さんなどは病棟を移動して、リハビリ治療に積極的に取り組み、早期の在宅復帰を目指すことができます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 58 0.66 0.98 0.00 75.10
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科については、白内障の手術のみです。
基本的に2泊3日、場合によっては日帰り入院(0泊1日)対応もしています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 39 0.03 0.95 0.00 52.97
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 30 2.00 3.80 0.00 75.43
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 29 1.14 4.69 0.00 72.17
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) - - - - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

泌尿器科では、1位と4位が結石の手術(腎・尿管結石の衝撃波による破砕術(K768)や内視鏡を腎・尿管・膀胱に入れてレーザーで破壊する手術(K7811))、3位が内視鏡による膀胱がん切除術、となっております。2位の手術は尿管にステントを入れて尿や結石の通過障害を改善する手術です。
いずれの手術も低侵襲の手術で患者さんの体の負担も少なく術後の日数も短いものとなります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 37 2.24 5.11 0.00 50.41
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡) 21 1.24 4.81 0.00 48.29
K867 子宮頸部(腟部)切除術 20 1.00 1.00 0.00 39.35
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
婦人科では、手術侵襲の少ない腹腔鏡手術を積極的に実施しています。
子宮筋腫・卵巣のう腫などの良性疾患に対する手術が多くなっています。
3位の症例は子宮頸がんの診断のための組織採取手術(LEEP)です。

手術が必要ながんの患者さんは他院へ紹介しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.31
異なる 15 0.39
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 39 1.02
異なる - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

敗血症とは、感染症をきっかけに、さまざまな臓器の機能不全が現れる病態です。重症化すると死亡する場合があります。

手術処置等の合併症については、手術後の出血や手術部位の感染・人工透析用のシャントの感染や狭窄が挙げられますが、発生率としてみるとかなり低いものとなっております。
更新履歴
2021年9月
令和2年度指標 新規作成