令和元年度 みさと健和病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 35 62 104 311 394 674 1612 1125 312
当院の令和元年4月から令和2年3月までの退院患者年齢層を10歳刻みで表にしています。
傾向として、年齢区分では70歳代が最多(1612名:34.8%)で、60歳以上となると全体の80.3%を占めており、少子高齢化時代を特徴づけています。
高齢者のみならず、50歳代以下の患者さんも積極的に受け入れており、幅広い世代に医療を提供しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 365 2.30 2.63 0.00 68.12
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 108 31.74 20.84 12.04 82.51
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 90 23.73 12.58 2.22 79.01
050130xx99000x 心不全 74 21.92 17.71 2.70 80.81
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 55 8.71 5.39 0.00 60.93
内科においては、高齢者の受け入れが多く、高齢者が罹患しやすい誤嚥性肺炎・尿路感染症・慢性心不全の症例が多くなっております。平均年齢も高く、重症化する患者さんもいるため、平均在院日数は全国平均よりも長めとなっております。第1位の症例は大腸ポリープです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 64 4.91 4.85 0.00 68.64
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 46 2.11 2.63 0.00 71.24
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 30 8.03 7.13 0.00 58.33
110280xx02x00x 慢性腎不全 28 7.00 8.48 0.00 72.14
060210xx99000x 腸閉塞(イレウス) 27 10.56 8.89 7.41 71.48
外科については、鼠径ヘルニア根治術、大腸ポリープ切除の症例が多くなっており、次いで腹腔鏡下手術(開腹手術よりも侵襲が少ない)実施の胆のう疾患(胆のう炎や胆石症など)となっております。
慢性腎不全で人工透析が必要な患者さんに対して腕に透析用のシャントを造設する手術も多く対応しています(第4位)。
クリニカルパス(※)を作成・活用することにより、平均在院日数はほぼ全国平均並みとなっております。

(※)クリニカルパスとは、検査や治療の予定を時系列に示した治療計画書です。これは医療を提供する医師、看護師をはじめ、様々な職種のスタッフで作成したものです。患者さんにお渡しするものは図や表を使用し、できるだけわかりやすいものにしています。
 患者さんは、パスを見れば、いつ検査や治療が行われ、いつ頃退院できるのか、ということもわかるので、不安の少ない入院生活を送ることができます。また、医療スタッフにいろいろ治療について質問しやすくなります。
 医療スタッフにとっても、パスに沿って患者さんに対する治療行為や説明が明確となるためチームとしての医療を確実に安全に提供することができるようになります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折(人工骨頭手術) 64 49.91 25.94 10.94 80.16
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症(胸椎・腰椎圧迫骨折) 47 52.47 20.74 8.51 82.43
160760xx97xxxx 前腕の骨折 34 6.76 5.54 2.94 56.26
160980xx99x0xx 骨盤損傷 20 41.70 19.59 5.00 81.85
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(人工関節手術) 18 42.94 21.53 0.00 71.00
整形外科については、高齢者の転倒による骨折や加齢に伴う変形等に伴う疾患が多くなっております。
当院では回復期リハビリテーション病棟を設置しており、術後の患者さんなど、急性期の治療後に当該病棟に移ってリハビリ治療に積極的に取り組むことのできる医療体制が整っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障(片眼) 186 2.94 2.78 0.00 74.24
020110xx97xxx1 白内障(両眼) 16 2.63 5.09 0.00 73.25
020220xx97xxx0 緑内障 - - 7.53 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 - - 3.10 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 - - 3.27 - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

眼科については、白内障の症例のみとなっております。
第1位と第2位の違いについて:第2位の症例については約1週間の期間を開けて2回入院し、両眼の手術を短期で実施している症例です。

平均在院日数の差異について
第2位の症例につきましては、1回の入院で両眼の手術を実施しておりませんので、自院の平均在院日数は「2回目」のものです。
全国の平均在院日数は1回の入院で両眼の手術をした場合です。よって差が出ます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 腎・尿管結石(衝撃波治療) 42 2.24 2.64 0.00 54.43
110080xx991x0x 前立腺生検 40 3.03 2.49 0.00 69.60
110070xx0200xx 膀胱癌(経尿道的手術) 38 7.18 7.07 0.00 73.16
110420xx02xx0x 水腎症等 22 8.14 4.22 0.00 77.23
11012xxx020x0x 腎・尿管結石(経尿道的手術) 18 8.44 5.61 0.00 70.61
泌尿器科については、腎・尿管結石(衝撃波による破砕治療、衝撃波では破砕できなかった場合の経尿道的手術)、膀胱ファイバースコープによる経尿道的膀胱癌切除術、前立腺癌診断のための検査(針生検)、の症例が多くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍(腹腔鏡下手術) 24 7.54 6.09 0.00 46.33
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍(腹腔鏡下手術) 23 6.48 6.21 0.00 40.87
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 13 3.00 3.13 0.00 40.92
120100xx01xx0x 子宮内膜症 13 7.85 7.37 0.00 37.15
120100xx02xxxx 子宮内膜症(腹腔鏡下手術) - - 6.57 - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

婦人科については、ほとんどが手術を実施している症例であり、開腹手術よりも患者さんの侵襲が少ない腹腔鏡下手術を実施している症例が多くなっています。
子宮の良性腫瘍はほとんどが子宮筋腫、卵巣の良性腫瘍は、卵巣嚢腫や奇形腫となっています。
子宮頸・体部の悪性腫瘍については、がんの診断のための組織採取手術(LEEP)です。

基本的に悪性疾患の治療が必要な患者さんは他院(大学病院等)に紹介しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 42 13 15 10 - - 1 7,8
大腸癌 22 24 46 26 - 14 1 7,8
乳癌 - 11 - - - - 1 7,8
肺癌 - - - - - - 1 7,8
肝癌 - - - - - - 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

当院では、癌治療に関して、手術療法や化学療法に加え、緩和治療を実施(緩和ケア病棟・緩和ケア外来)しておりますので、StageⅠの早期からStageⅣの末期や再発患者さんまで、さまざまな病期の患者さんの受け入れ体制が整っています。
手術は診療ガイドラインに則り、手術侵襲の少ない鏡視下手術も含め、標準的治療を実施しています。胃癌や大腸癌に関しては、早期癌に対する内視鏡的切除を積極的に実施しております。
乳癌に関しては、比較的早期の患者さんが多くなっています。手術の場合は症例により、術中迅速診断(センチネルリンパ節生検)を実施しています。
肝癌に関しては、切除術のほか、肝動脈塞栓術(TAE)・肝動脈化学塞栓術(TACE)・肝動脈化学動注療法(TAI)も実施しています。
肺癌に関しては、外科的手術が必要な場合は他院へ紹介しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 17.40 62.36
中等症 105 22.84 81.56
重症 25 24.64 84.84
超重症 15 45.33 79.33
不明 - - -
20歳以上の肺炎で入院された患者さんを重症度別に見たものです。
肺炎の重症度は 年齢 脱水の有無 意識障害の有無 収縮期血圧 などの状態によって決まります。

高齢の方ほど重症になりやすい傾向にあります。
当院では、軽症~中等症の症例が多くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 48 40.25 75.83 7.81
その他 16 65.81 78.94 3.12
当院では、急性期の保存的治療・リハビリテーションのみならず、回復期リハビリテーション病棟を設置していますので、急性期の治療後に在宅復帰を目指す回復期の患者さんへさまざまなリハビリテーションを実施することが可能です。
手術が必要な患者さんは近隣の病院へ紹介しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 342 0.05 1.13 0.00 69.17
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 57 4.39 17.19 7.02 77.19
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 47 0.28 2.19 0.00 64.28
K654 内視鏡的消化管止血術<胃> 24 3.50 15.00 0.00 68.79
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 23 2.78 3.17 0.00 67.87
内科では、大腸ポリープ切除、胆道系疾患に対する手術、出血性胃潰瘍などの内視鏡による止血術が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 44 0.05 1.02 0.00 72.27
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.28 5.88 0.00 60.58
K634 腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術<1側> 36 1.17 3.11 0.00 67.06
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 29 2.17 5.86 0.00 68.10
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 29 0.45 2.00 0.00 76.48
外科では、大腸ポリープ切除術、手術侵襲の少ない腹腔鏡下胆のう摘出手術や鼠径ヘルニア根治術がトップ3となっています。
抗がん剤治療を受ける方も多く、抗がん剤を注入するための皮下埋込型のカテーテルの設置手術も増えています。
慢性腎不全の人工透析療法の患者さんも多いため、シャントトラブルに対する手術も多くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 62 3.06 44.87 11.29 80.27
K0462 骨折観血的手術(下腿) 49 2.73 15.04 2.04 61.41
K0821 人工関節置換術(股) 40 3.43 41.98 0.00 72.38
K0811 人工骨頭挿入術(股) 27 5.48 49.96 11.11 78.70
K0463 骨折観血的手術(足) 22 1.86 11.41 0.00 55.27
整形外科では、転倒などによる高齢者の骨折の患者さんを多く受け入れており、それに伴う手術が多くなっています。
回復期リハビリテーション病棟を設置しておりますので、術後の患者さんなどは病棟を移動して、リハビリ治療に積極的に取り組み、早期の在宅復帰を目指すことができます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 202 0.94 0.98 0.00 74.08
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2681 緑内障手術(虹彩切除術) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

眼科については、ほぼ白内障の手術です。
基本的に2泊3日、場合によっては日帰り入院(0泊1日)対応もしています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 43 0.26 1.12 0.00 54.81
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 37 1.16 5.08 0.00 72.92
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 31 2.23 5.77 0.00 74.58
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 17 3.65 3.82 0.00 69.53
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

泌尿器科では、1・4・5位が結石の手術(腎・尿管結石の衝撃波による破砕術や内視鏡を腎・尿管・膀胱に入れてレーザーで破壊する手術)、2位が内視鏡による膀胱癌切除術、となっております。3位の手術は狭くなった尿管にステントを入れて通過障害を改善する手術です。
いずれの手術も低侵襲の手術で患者さんの体の負担も少なく術後の日数も短いものとなります。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 37 1.22 4.35 0.00 39.54
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 29 1.97 5.34 0.00 48.55
K867 子宮頸部(腟部)切除術 13 1.00 1.00 0.00 40.92
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 - - - - -
K877 子宮全摘術<腹式> - - - - -
婦人科では、手術侵襲の少ない腹腔鏡手術を積極的に実施しています。
子宮筋腫・卵巣嚢腫などの良性疾患に対する手術が多くなっています。
3位の症例は子宮がんの診断のための組織採取手術(LEEP)です。

手術が必要ながんの患者さんは他院へ紹介しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.24
異なる 18 0.39
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - 0.07
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.72
異なる - 0.04
(注:患者数10名未満の症例は国の規定によりハイフン(-)表示となっております)

敗血症とは、感染症をきっかけに、さまざまな臓器の機能不全が現れる病態です。重症化すると死亡する場合があります。

手術処置等の合併症については、手術後の出血や手術部位の感染が挙げられますが、発生率としてみるとかなり低いものとなっております。
更新履歴
2020年9月
令和元年度病院指標 新規作成