みさと健和病院・みさと健和クリニック
みさと健和病院・みさと健和クリニックTOPへ
専門研修(後期研修)
募集要項
特徴と目的
内科系
内科(基幹型)
総合診療科(基幹型)
外科
整形外科
泌尿器科
専門研修(サブスペシャリティ領域)
糖尿病

内分泌代謝

腎疾患・透析
消化器内科
呼吸器内科
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本呼吸器内視鏡学会関連施設
日本産婦人科内視鏡学会研修施設

日本がん治療認定医機構研修施設

みさと健和病院・みさと健和クリニックTOPへ
イコリス
内科系:循環器内科

1.目的と特徴
地域第1線の医療機関で、さまざまな訴えで受診する患者から、循環器疾患を適切に診断でき、基本的治療ができる医師を養成する。

2.プログラムの概要
■研修目標
【一般目標】
内科の総合的臨床能力を身につけ、循環器疾患に対し最善の医療を提供できる循環器内科医になる。
【行動目標(群)】
(1) 内科疾患に関して、全般的な知識、技術、素養を身につけ、診療を行なう事ができる。
(2) 循環器疾患に関して、診断・治療に必要な専門検査・治療手技を適切に行うことができる。
(3) 心電図、負荷心電図、ホルター心電図、心エコー図、MDCT、心臓カテーテル検査、電気生理学的検査等に関して、診断を適切に行なう事ができる。
(4) 適応を判断し、体外式ペースメーキング、大動脈内バルーンパンピング、経皮的心肺補助を施行できる。
(5) 冠動脈インターベンション治療を指導医とともに行うことができる。
(6) 日本循環器学会等の循環器関連学会で論文として発表する事ができる。

■研修方法

(1) 循環器内科に所属し、総合診療科をローテーションしながら、内科疾患に関する全般的な知識を身につけ、循環器疾患に関する専門的な知識、診断・治療技術を習得する。
(2) 指導医のもとで、冠動脈インターベンション治療、永久型ペースメーカー植込術の術者として経験を積む。
(3) 日本循環器学会等の循環器関連学会で症例報告を行い、論文にまとめる。

[週間スケジュール(例)]
 
      病棟回診    
午前 病棟 心カテ 心カテ 心カテ・病棟 外来 病棟
午後 病棟 心カテ・病棟
*教育指導医に
よる事例検討会
心カテ 病棟 病棟  
文献抄読会     医局CPC等    

■評価方法
研修開始後、6ヶ月に一度の評価会議を行い、研修内容の評価・修正を行う。
技術的な評価は、指導医より日常的に行われる。

3.実績
■診療実績 (表;カテーテル、PCI、ペースメーカー植込術件数)

2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
CAG(冠動脈造影) 361 175 226 183 314 567 497 505 459
PCI(経皮的冠動脈形成術) 83 17 56 38 89 197 166 200 168
ペースメーカー植込術 20 11 17 19 27 30 27 24 24

4.指導体制
■研修指導責任者
並木 重隆(なみき しげたか) 1978年卒
[役職] 循環器科部長
[認定資格] 日本循環器学会循環器専門医、日本心血管インターベンション学会専門医・指導医・評議員、
日本内科学会認定内科医、カテーテルインターベンション
■研修指導医
鈴木 聖也 (すずき せいや) 2004年卒
[役職]医員
[認定資格] 日本内科学会認定内科医

5.研修修了後
■進路
後期研修を修了した者は、法人理事会との合意に基づき、法人に関与する病院、診療所などの常勤医として診療に従事することができる。

写真

指導医と後期研修医

 

本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。?2005 MisatoKenwa Hospital, All rights reserved.