入院案内
入院生活について

リストバンド装着のお願い

  • 患者間違いを防止するために、原則としてリストバンドを装着していただくようお願いしております。退院される際には切り外させていただきます。
  • リストバンドには「お名前」「診察券の番号」「性別」「生年月日」「バーコード」などの情報が印刷してあります。リストバンドを装着することによって、手術・検査・点滴などにおける患者さん間違えを防止し、入院治療が安全・安心に行われることを目的としております。

床頭台のご利用について

  • 身の回りの物を、整理してお入れ下さい。入院中のお荷物は床頭台に入る程度でお願いいたします。
  • セーフティーボックスご利用の際は、カードキー(鍵)をお掛け下さい。なお、カードキーを紛失された場合は、申し訳ありませんが再発行手数料として実費負担とさせていただきます。
  • 下着などの汚れ物を入れる袋をご用意下さい。

一日の流れ

  • 看護師が検温または容態を伺いに参ります。時間については看護師にご確認ください。
  • 医師の回診時間等は、病棟でご確認ください。また、治療等について面談を希望される場合は看護師を通してお申し出下さい。
  • 起床時間は午前6時、消灯は午後9時です。午後9時から午後10時まではベッドスタンド・テレビの使用は可能です。

食事について

  • 症状に応じて、医師の指示に基づいた食事をお召し上がりいただきます。
  • 配膳:ベッドまでお配りいたします。食堂もご利用いただけます。
  • 下膳:当方で行いますが御自身で下膳車まで下膳していただいても結構です。
  • 月に1回程度、季節感のある行事食を提供しています。
  • 週4回、夕食時に2種類のおかずのメニューからどちらかお好きなおかずをお選びいただけます。ご飯・パンなど主食の選択は、できる限り随時対応しております。ただし食事の種類、治療上の理由により選択できない場合もございます。
  • 食品衛生の点から、食べ物の持ち込みはご遠慮ください。
  • 食物アレルギー等のある方は早めに医師、または看護師にお申し出ください。
  • 食事療法が必要と医師が認めた方には、管理栄養士による「栄養食事指導」を実施しております。

入浴について

  • 入浴またはシャワー浴ができます。
  • おひとりで入浴が困難な方は、看護師がお手伝いいたします。また、病状等により入浴できない場合は、ご希望や状況に応じて、身体を拭くなどのお手伝いをいたします。


ヘアーカットについて

ヘアーカットご希望の方は病棟掲示板にある「出張 床屋・美容室サービスの御案内」を御覧ください。


禁煙について

病院内は医用ガス設備があり火気厳禁・全館禁煙となっております。守れない場合は強制退院とさせていただきます。


電話について

  • 入院患者さんへの電話のお取り次ぎは緊急の場合以外行なっておりません。ご了承下さい。
  • 公衆電話は1・4・5・6・7階にあります。(テレフォンカードは1階の自動販売機または売店で販売しています)。消灯時間を過ぎてからの電話の利用はご遠慮下さい。
  • 院内では携帯電話をマナーモードにして下さい。医療機器への影響および他の患者様への ご迷惑となりますので、ご利用の場合は公衆電話付近、または病院建物外でお願いします。多床室内・廊下・待合室等でのご利用はおやめください。(なお、職員の携帯している電話は業務用の内線電話で人体・医療機器への悪影響の恐れのないものです)

テレビについて

  • 各ベッドにテレビカード式のテレビがあります。なお、テレビカードの販売機は4・5・6・7階食堂にあります(価格は1枚1000円です)。残っている場合は1階入退院受付近くの精算機で精算できます。
  • テレビをご覧になる時はイヤホンをご利用ください。イヤホンは御自身で準備されるか南棟1階売店でお買い求め下さい。
  • なお、テレビのお持込はお断りしております。

冷蔵庫の使用について

4・5・6階の食堂に設置されている冷蔵庫は共同でご利用いただけます。食品衛生の点からも掲示してある注意事項をお読みいただき、ご協力をお願いいたします。


シーツ、貸し出しの寝衣について

  • シーツは、週1回交換いたします。
  • 病院で貸し出している寝衣は、6月中旬から10月中旬まで週3回の交換、それ以外は週2回交換いたします。

洗濯について

各階のランドリー室にコインランドリー(有料)がありますのでご利用下さい。
院内に洗濯物を干すスペースは確保されていません。ベッド周囲に干すことはご遠慮下さい。乾燥機を御利用ください。


入れ歯・補聴器・メガネの保管について

入れ歯や補聴器、メガネなどの矯正器具は、使用している方にとって非常に大切なものです。私たちもそのことを十分認識して器具を取り扱ってまいりますが、小さなものであり、患者様ご自身で取り外しをされる場合も多いので、専用の容器をお持ちいただき、身に付けていない時にはその容器で保管していただくなど、紛失防止にご理解・ご協力をお願いいたします。

売店について

南棟1階フロアーに売店がありますのでご利用下さい。休業となる祝日がありますので御注意ください。

営業時間

月~金曜日

午前8時30分~午後7時

土曜日

午前8時30分~午後5時

日曜日

午前8時30分~午後4時

退院決定について

退院については病状に基づいて担当医から通知いたします。退院に向けて困難な諸事情がある方は北棟1階医療相談室にご相談下さい。


転倒・転落を防止するために

ご高齢の方の入院においては、環境の変化による影響や、療養への不安も重なって思わぬ事が起きることがあります。ご高齢以外であっても、療養中は薬剤の影響や病状の変化によって、様々な身体的変化が生じます。

当院での転倒・転落などの防止対策として、人権を尊重した安全への取組みとして、危険度を測りながら注意を払っておりますが、転倒・転落はご自宅でも起こるものであり、入院生活の中で全てを防ぐことはできません。入院時から患者やご家族の協力がとても重要になっております。

安心した療養生活が送れますように、以下の内容についてご協力をお願いいたします。


  • 履き物は、底がゴム製で滑りにくいものをご用意ください。(サンダル・クロックスはご遠慮ください)
  • ナースコール、ティッシュペーパーや眼鏡など、すぐに使用するものは身近に置いておきましょう。
  • 睡眠薬・安定剤を内服される方は、内服前にトイレを済ませてください。また、夜間トイレになどに行く時にふらつく可能性があります。一度ベッドに腰掛けてふらつかないことを確認してから動きましょう。ふらつく場合は、ナースコールで呼んでください。
  • 夜間暗がりで動かれる時は、枕灯をつけて眼が慣れるまでお待ちください。
  • ベッドから身をのりだし、床のモノを拾わないでください。
  • ベッドの位置の変更、ベッド変更・柵の固定、また離床センサーの設置などの方法を検討いたします。
  • 医師・看護師から「ベッドから降りる際にはナースコールで呼んでください」と説明のあった場合には、必ず守ってください。

さらに転倒転落などの危険が大きい場合には、ご家族のご協力の相談をさせていただきます。転倒・転落発生時には、昼夜問わずご連絡させていただくことがあります。


私たちスタッフも転倒・転落防止に十分気をつけてまいりますが、これらの対策をとっても患者さまの安全を守ることができないと判断した場合には、ご家族に協力をお願いする事もあります。
また、転倒・転落された場合には、検査に係る費用負担が発生することがあります。最大限の注意にもかかわらず転倒が起きた場合には、病院として責任を負いかねる場合もあります。

ご理解・ご協力をお願いいたします。


身体拘束について

身体拘束・抑制とは鎮静剤の使用、四点柵の設置、固定ひもなどによって行動を制限することですが、当院では患者さんの尊厳をまもるために「拘束・抑制はしない」としております。しかし転倒・転落の危険性が非常に高い場合や、治療・生命維持上やむをえず必要な場合に「身体拘束・抑制に関する同意書」に関して説明をし、同意をいただきます。

また、安全上ご家族の付き添いが必要と判断した場合、付き添いをお願いすることがあります。


その他

  • 外出・外泊を希望される場合は、必ず医師の許可が必要です。許可された場合は「外出・外泊届」に記入し看護師にお渡し下さい。守られない場合、強制退院となる場合があります。
  • ご家族の付き添いを希望される場合は、医師の許可が必要となりますので、お申し出下さい。なお、付き添いの為の簡易ベッド・布団を希望される方は、1日200円でお貸しいたします。
  • 当院では、金品等の贈り物はすべてお断りしています。ご了承ください。
  • 度重なる暴言・暴力・セクハラ行為が認められた場合は、強制退院とさせていただきます。

© MisatoKenwa Hospital & MisatoKenwa Clinic All rights reserved.