当院について
院長・所長あいさつ

みさと健和病院  院長あいさつ

写真

 みさと健和病院は、地域住民の方々の大きな力と行政の協力によって1983年に開設されました。以来、地域の方々に支えられ、その期待に応えられるよう努力しつつ、現在282床の病院に至っております。2009年に新棟を建設し新たな歴史を迎えましたが、その理念は変わりません。私たちは病院憲章と民医連綱領を礎とし、地域の方々の命と健康を守ることを目標としながら、皆様方とともに医療を実践していきます。

 

 時代の変遷とともに地域の方々の医療ニーズにも変化があります。私たちはその流れに取り残されないように絶えず周囲を見渡し、耳を傾けることに注力してきました。突然発生する体の不調に俊敏に対応できる救急医療はいつの時代にも必要です。まずは安定した急性期疾患の受け入れを最重要と考え、24時間365日の体制で対応してきました。そして急性期医療が落ち着いたところで元の生活に戻れるように、社会復帰ができるように、退院への準備をしていく時間と場所も医療の大切な要素と考えます。回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟は在宅部門と協力し、自宅と病院の橋渡しの役割を担っています。また終末期をいかに過ごすか、患者さんの尊厳と苦痛に向き合い、ご家族とともに答えを探すお手伝いを緩和ケア病棟はしています。

 

 突然病気になったとき、突然病人を抱えたとき、皆様の不安と悩みに寄り添えるよう、また近隣の医療機関との連携で様々な問題を解決できるよう、患者サポートセンターがあります。あるいは近隣医療機関の先生方からのご相談窓口もこのサポートセンターの大切な機能です。ぜひご活用ください。

 

 みさと健和病院の立ち位置はこの地域の中核病院です。私たちはそのことを自覚しつつ、そのことに誇りをもってこれからも努力し続けていきます。患者さんの人権、健康権を守り、患者さんひとりひとりが主人公である物語を幸せに導けるよう、そして誰もが安心してかかれる病院、満足のいく医療をめざして職員一同頑張りたいと思います。引き続きご支援、ご協力をお願いいたします。


2019年7月 みさと健和病院
院長 岡村 博

みさと健和クリニック  所長あいさつ

 当クリニックは2003年6月みさと健和病院の外来部門の外部化により設立されました。病院に隣接した3階建てのクリニックで、3階のフロアーでは透析機61台がフル活動し外来透析を行っております。1、2階は外来部門で1階は総合受付を正面に右は内科、左は小児科 耳鼻咽喉科となっており、2階は主に外科系の集まりで外科、整形外科、眼科 皮膚科、形成外科、脳外科が診療を行っております。また、旧棟1階は外来リハビリテーションのスペースとなっております。血液・画像・生理機能検査もほぼクリニック内ででき、各科ともその道のスペシャリストの医師が勤務しておりハイレベルな医療を提供できるとともに、ベテランの看護師がきめ細かい医療補助・看護にあたっております。
 また、旧棟2階では介護保険相談室がありケアマネージャーによる介護相談を受け付けております。昨年からは「医療・介護なんでも相談」が開設され医療内容、医療費のことなど患者さんが日頃不安を感じていらっしゃることの相談を看護・事務系の職員がお聞きしています。経済的に適切な医療を受けられない方には無料低額診療の御相談にものっています。
 高齢の方で自動車通院できない方のために定期バスを運行しております。バスは三郷市内を回るみさと団地行、隣の八潮市に向かう八潮循環、葛飾・足立を抜ける柳原病院行の3コースがあります。運行時間と診療時間が合わないなど、ご不便をかけていることもあり今後さらに改善していく予定です。

 入院・外来から在宅、そして介護福祉サービスなど各職種の職員と密な連携をとりながら、外来診療の責任者として的確な診断・治療・きめ細かな対応を心がけていきますので宜しくお願い申し上げます。

2017年9月 みさと健和クリニック

所長 西古 靖

c MisatoKenwa Hospital & MisatoKenwa Clinic All rights reserved.