診療科
在宅医療について

診療内容

リハビリテーション科

当院の回復期リハビリテーション病棟は30床です。脳卒中後の患者さん、肺炎等の内科疾患治療後歩行困難になった患者さん、骨折等で手術をうけた患者さんたちが入院されています。


病棟に入院後、PT、OT、STのリハビリ訓練が1年間休みなく施行されます。訓練と並行して医師、看護師、ケアワーカー、リハスタッフ、MSWが色々な角度から患者さんとご家族のご希望を聞き、障害があってもできるだけ住み慣れたご自宅に退院できるよう援助していきます。ご自宅を訪問して手すりをつけたり、家の中の段差を解消したり、介護保険を申請してサービスが入るようお手伝いします。退院後は外来リハビリ、訪問リハビリにつなげることもあります。退院直前には病棟のスタッフと退院後関わるスタッフ、ご本人、ご家族が一堂に集まり一時間位かけて家に帰って心配なく生活できるよう意見を交換します。


急性期病棟から自宅に退院されるまでに、できるだけ歩行や生活動作の向上を目指し様々な生活面での安心も得られて退院できるよう援助していける病棟を目指しています。又患者さん、ご家族が各スタッフに話しをしやすい雰囲気と明るくホッとできる空間も提供していきたいと思っています。

スタッフ紹介

4階北病棟医長・リハビリ科医長兼内科医長 大河原 節子

出身大学
  • 群馬大学
資格認定
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医

© MisatoKenwa Hospital & MisatoKenwa Clinic All rights reserved.